せっせとダイエットをしているのに、減量効果が出ず、体重が変わらないことがあります。ダイエットをしている時、減量効果が目に見えてわかるうちはいいのですが、効果が出ないとモチベーションも低下します。ストレスのかかるダイエット方法をしている時に効果を実感することが出来なければ、精神的につらくなってしまい、途中で挫折する可能性が高くなります。それまでは減量がうまくいっていたはずなのに、唐突に体重の減りが停止してしまうことがあります。ぎりぎりまで食事を少なくしたり、運動を続けても体重が減ってくれないと、がっくりきてしまって、ダイエットを中断する人もいます。体重が急に減らなくなるのは不自然なことではなく、誰にも起こることです。これは、ホメオスタシスという身体機能に由来しています。短期間で急激に体重が減ると、ホメオスタシスは短期間で体の状態が変わりすぎないように、代謝を低下させるなどして対処しようとします。人体は、しばらくカロリー摂取が途絶えた状態が続いたとしても、体脂肪をエネルギーに変えて生き延びようとします。最後の命綱である脂肪が極端に減ってしまうと、身体は飢餓状態になってしまっていると判断して、エネルギーをなるべく使わない身体して、脂肪を維持しようとします。ホメオスタシスが機能する期間は1カ月程度なので、そのままの状態を保つことができれば、減量効果は再開されます。ですが、体重の減りがストップしている時にダイエットを中止し、元通りの食生活に戻すと、体重が急激に増えてしまう可能性があります。飢餓状態を解除するために、ちょっとだけカロリー摂取量を増やすというやり方もあります。ですが、急に食事の量をダイエット前に戻すと、ダイエット前以上に脂肪がつくことがあります。