極端な方法でダイエットをして、短期間で体重を減らすことは、体にとっていいこととはいえません。身体に負荷が大きい方法でダイエットをすると、健康を損なう可能性がありますので、やめたほうがいいでしょう。体重を減らす手段として、食事の摂取量を減らすというものがありますが、それでは体にはいいダイエットになりません。ダイエットをする時には、人の体はどのようにしてカロリーを貯め込んだり、消費したりしているかを知る必要があります。安全かどうか分からないダイエットサプリメントの利用や食べ物を1種類だけしか摂取しないようなダイエット方法はあまりおすすめできません。体への負荷が大きくなるようなダイエットをする時には、正しい情報をキャッチしてから、適切な方法で実践することです。食事量を極端に減らすようなダイエットを続けていると、身体機能を維持するための栄養が不足し、慢性疲労や貧血などのトラブルを引き起こします。どうしても痩せなければならないと、心身に負担が大きいダイエットをいつまでも続けていると、内臓疾患や、摂食障害などの問題も発生しえます。人によっては、激しいダイエットのせいで脂肪が短期間でなくなり、皮膚が脂肪の減少についていけずにたるむことも起こりえます。もともと皮下脂肪が多かったお尻や、ウエストまわりは特にたるみやすく、急激に脂肪がなくなると、皮膚があまってたるむので見苦しくなります。皮膚のたるみの症状があまりにひどい場合には、整形外科で手術を受ける必要が生じてしまいますので注意しましょう。身体に負荷がかからない、美容や健康とも両立できるようなダイエットをすることが、減量では大事です。